コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積集合 せきしゅうごう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

積集合

集合演算のひとつ。2つの集合の両方に含まれている要素のこと。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐しゅうごう〔‐シフガフ〕【積集合】

二つの集合の要素の組を要素とする集合。
共通集合

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきしゅうごう【積集合】

まじわり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積集合
せきしゅうごう
product set

直積あるいはカルテシアン積 Cartesian product,デカルト積ともいう。 A1A2 を任意の集合とし,第1の元 a1A1 から,第2の元 a2A2 からとってつくられた順序対 (a1a2) 全体の集合を,A1A2 の積あるいは積集合といい,A1×A2 で表わす。共通集合のことを積集合と呼んだこともあったが,いまではこれとまぎらわしいので,使われなくなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積集合
せきしゅうごう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の積集合の言及

【集合】より

…空集合を表すのには,φなどの記号が用いられる(0に似て非なるものということで0に/をつけてが最初に用いられ,はその変形,φはに似たギリシア文字による代用)。 A,Bが集合Mの部分集合であるとき,{xMxAかつxB}をABの共通部分または交わり,まれには積集合といい,ABで表す。{xMxAまたはxB}をABの合併集合または和集合といい,ABで表す。…

※「積集合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報