コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究竟一 クッキョウイチ

デジタル大辞泉の解説

くっきょう‐いち〔クツキヤウ‐〕【×竟一】

最もすぐれていること。
「大のみ小のみ手斧鋸(のこぎり)遣り鉋(かんな)、―の手裏剣と」〈浄・出世景清
この上なく好都合なこと。
「必定(ひつぢゃう)久吉この内に忍び居るこそ―」〈浄・太功記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっきょういち【究竟一】

最もすぐれていること。 「 -の手裏剣と、おつ取り〱打立れば/浄瑠璃・出世景清」
最も好都合なこと。 「必定久吉此内に、忍び居るこそ-/浄瑠璃・太功記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

究竟一の関連キーワード浄瑠璃弥勒