コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空ピック(奏法)[un-picked] カラピック

1件 の用語解説(空ピック(奏法)[un-picked]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

空ピック(奏法)[un-picked]

ギターの奏法のひとつ。オルタネート・ピッキングの際に、一定のリズムの中で空振りを組み込みリズムをとること。その空振りは時にブラッシング・トーンによって独特のノイズを出し、ひとつの確立されたサウンドとして利用される。ノリが出ると同時に難しいリズムも空ピッキングを利用することによってクリアーできる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空ピック(奏法)[un-picked]の関連キーワードエレキギターピッチカートヘビーメタルリードギターオルターナティブオルタナゴールタスクユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:鍵盤音楽の奏法/piano solo行進発走

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone