空ピック(奏法)[un-picked](読み)カラピック

音楽用語ダスの解説

空ピック(奏法)[un-picked]

ギター奏法のひとつ。オルタネート・ピッキングの際に、一定リズムの中で空振りを組み込みリズムをとること。その空振りは時にブラッシングトーンによって独特のノイズを出し、ひとつの確立されたサウンドとして利用される。ノリが出ると同時に難しいリズムも空ピッキングを利用することによってクリアーできる。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android