コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中窒素固定法 クウチュウチッソコテイホウ

大辞林 第三版の解説

くうちゅうちっそこていほう【空中窒素固定法】

空気中の窒素を原料として窒素化合物を合成する工業的方法。ハーバー-ボッシュ法によるアンモニア合成が代表的。窒素肥料・爆薬・医薬・染料などの生産に利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空中窒素固定法の関連キーワードビルケラン クリスティアンクリスチャン ビルケランアンモニア合成アンモニア工業空中窒素固定アタカマ砂漠ビルケラン小寺房治郎窒素化合物肥料工業窒素肥料ハーバー硫安工業野口遵爆薬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android