空空漠漠(読み)クウクウバクバク

デジタル大辞泉の解説

くうくう‐ばくばく【空空漠漠】

[ト・タル][文][形動タリ]《「空漠」のそれぞれの字を重ねて意味を強めた語》限りなく広いさま。また、とりとめのないさま。
「大抵は、―とした思考に耽っていたのだが」〈里見弴・今年竹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうくうばくばく【空空漠漠】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々として限りないさま。また、とらえどころのないさま。 「 -たる思い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android