コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空蝉の ウツセミノ

デジタル大辞泉の解説

うつせみ‐の【×蝉の】

[枕]
人間・世間・現世の意から「世」「世の人」などにかかる。
「―世の人なれば」〈・一七八五〉
蝉の抜け殻の意から「むなし」「わびし」などにかかる。
「―むなしき恋に身をやかへてむ」〈新古今・恋二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

空蝉のの関連情報