空蝉の(読み)ウツセミノ

デジタル大辞泉の解説

うつせみ‐の【×蝉の】

[枕]
人間・世間・現世の意から「世」「世の人」などにかかる。
「―世の人なれば」〈・一七八五〉
蝉の抜け殻の意から「むなし」「わびし」などにかかる。
「―むなしき恋に身をやかへてむ」〈新古今・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うつせみ‐の【空蝉の】

(「空蝉」「虚蝉」という表記から「むなしい」の意が生じて) 命、身、人、空(むな)し、などにかかる。
※源氏(1001‐14頃)葵「御しつらひよりはじめ、ありしに変る事もなけれど、うつせみの空しき心地ぞし給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android