コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間放射線 クウカンホウシャセン

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐ほうしゃせん〔‐ハウシヤセン〕【空間放射線】

大気中に存在する放射線宇宙線天然放射性元素から放出される自然放射線が主。原子力施設で発生する人工放射線影響を検知するため、モニタリングポストなどが設置され、空間放射線量率などが常時測定されている。
[補説]空間放射線の量は、雨や雪などの気象条件によって異なる。また、ウラントリウムなどを多く含む花崗岩分布といった地質の影響も受けるため、地域によって異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

空間放射線の関連キーワードモニタリングステーションホットスポット(放射能)コメの放射性物質検査県内の受け入れ基準原子力緊急事態宣言原子力緊急事態SPEEDIモニタリング空間線量率放射線量率積算線量富岡町補説

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空間放射線の関連情報