コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然放射性元素 テンネンホウシャセイゲンソ

2件 の用語解説(天然放射性元素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐ほうしゃせいげんそ〔‐ハウシヤセイゲンソ〕【天然放射性元素】

自然界に存在する放射性元素ウラン系列トリウム系列アクチニウム系列のものやカリウムルビジウムなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天然放射性元素の言及

【放射性元素】より

…放射能をもつ元素をいう。天然に存在する天然放射性元素(自然放射性元素ともいう)と,人工的に製造される人工放射性元素とがある。しかし狭い意味では天然放射性元素(たとえばトリウム,ラジウムなど)のみをさし,また安定同位体をまったくもっていない元素(ラジウムやウラン,プルトニウムなど)のみをさすこともある。…

※「天然放射性元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone