コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然放射性元素 テンネンホウシャセイゲンソ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天然放射性元素
てんねんほうしゃせいげんそ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天然放射性元素の言及

【放射性元素】より

…放射能をもつ元素をいう。天然に存在する天然放射性元素(自然放射性元素ともいう)と,人工的に製造される人工放射性元素とがある。しかし狭い意味では天然放射性元素(たとえばトリウム,ラジウムなど)のみをさし,また安定同位体をまったくもっていない元素(ラジウムやウラン,プルトニウムなど)のみをさすこともある。…

※「天然放射性元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天然放射性元素の関連キーワード放射性崩壊系列アクチニウム空間放射線ポロニウム環境放射線天然放射能酸素族元素トリウム人工元素トロンウラン自然界崩壊

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android