天然放射性元素(読み)テンネンホウシャセイゲンソ

  • てんねんほうしゃせいげんそ ‥ハウシャセイ‥
  • てんねんほうしゃせいげんそ〔ハウシヤセイゲンソ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天然放射性核種を同位体として含む元素。カリウム・ラジウム・ウランなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天然放射性元素の言及

【放射性元素】より

…放射能をもつ元素をいう。天然に存在する天然放射性元素(自然放射性元素ともいう)と,人工的に製造される人工放射性元素とがある。しかし狭い意味では天然放射性元素(たとえばトリウム,ラジウムなど)のみをさし,また安定同位体をまったくもっていない元素(ラジウムやウラン,プルトニウムなど)のみをさすこともある。…

※「天然放射性元素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android