コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿ち ウガチ

デジタル大辞泉の解説

うがち【×穿ち】

穴をあけること。

㋐表に現れない事実・世態・人情の機微を巧みにとらえること。
㋑黄表紙・洒落本などにみられる、江戸文学の理念を示す語。人情の機微や特殊な事実を指摘し、特に遊里生活の手引き・案内とするもの。
新奇で凝ったことをすること。
「―遊びの御物好」〈浄・彫刻左小刀〉
遊女の意地が強いこと。
女郎の張のつよいを―といふわいの」〈伎・天羽衣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うがち【穿ち】

穴をあけること。
人の気づかない真相を探り出してみせること。また、人情の機微などを巧みに指摘してみせること。また、そのような事柄。 「さるたぐひの些細なる-は、ものうしとてここにしるさず/滑稽本・浮世風呂 3
新奇で凝った趣向。 「此里の-にて道具屋と見せて引手茶屋/洒落本・大通契語」
遊女の意地っ張りであること。 「夫それは女郎の張のつよいを-といふわいの/歌舞伎・傾城天羽衣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

穿ちの関連キーワード常心塚古墳穴を穿つ引手茶屋黒暗暗機微地皮破綻口木地骨

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穿ちの関連情報