コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸文学 えどぶんがく

5件 の用語解説(江戸文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸文学
えどぶんがく

江戸時代の文学中,中期以後江戸でつくられたものの総称。多くは元禄期の文学を上方文学 (かみがたぶんがく) と称するのに対していう。元禄を中心とする上方文学がやがて惰性に流れて生命力を失うと,18世紀後半,文学の中心は江戸に移り,軽妙さ,渋み,粋といった江戸趣味を背景に,独特な性格をもつ江戸文学が成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えど‐ぶんがく【江戸文学】

江戸後期、明和安永ごろから幕末まで、江戸で行われた文学。天明から文政のころ最盛期を迎え、読本(よみほん)洒落本(しゃれぼん)滑稽本人情本黄表紙合巻(ごうかん)川柳狂歌などがあり、通(つう)を尊び、軽快・洒脱(しゃだつ)の傾向が強い。広義には江戸時代に行われた文学をさし、近世文学とよぶが、元禄のころを中心に栄えた前期の上方(かみがた)文学と、後期の江戸文学とに大別するのが普通である。→上方文学

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸文学【えどぶんがく】

広義には近世文学の別称。狭義には上方(かみがた)文学の対称で,近世中期以後江戸を中心に行われた狂歌川柳読(よみ)本談義本黄表紙洒落(しゃれ)本滑稽(こっけい)本人情本草双紙歌舞伎脚本などをさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどぶんがく【江戸文学】

一般的には江戸時代の文学全般を指すが,狭義にはその地域的特性を考慮して,享保期(1716‐36)を境とし,前半を上方(かみがた)文学,後半を江戸文学と呼ぶ。文字どおり江戸という都市を中心に栄えた文学の意である。享保改革による将軍吉宗の政策の一つに庶民教化が掲げられるが,狭義の江戸文学は,折からの文運東漸現象に即応し,吉宗の政策に呼応した公私の教導家の作品から出発した。したがって根幹は教訓であり,表現方法は俗耳に入りやすく平俗滑稽であることを旨とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどぶんがく【江戸文学】

近世文学のうち、主に文化・文政期(1804~1830)を中心として江戸で行われた町人文学。読本・黄表紙・洒落本・滑稽本・人情本、合巻ごうかん・川柳・狂歌などがあり、作者には滝沢馬琴・山東京伝・式亭三馬・十返舎一九・柳亭種彦・為永春水らがいる。総じて軽快・洒脱。 ↔ 上方かみがた文学
近世文学 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸文学の関連キーワード家路遠海遠点出張チェリー遠縁花菱近衛町丁牧

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江戸文学の関連情報