コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突発性発疹症 とっぱつせいはっしんしょう exanthema subitum

1件 の用語解説(突発性発疹症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突発性発疹症
とっぱつせいはっしんしょう
exanthema subitum

小児バラ疹。乳幼児の急性発疹性感染症で,病原体はウイルスと考えられている。好発年齢は生後5~6ヵ月から2~3歳までで,前駆症状なしに突然,高熱で発病する。その際に嘔吐やけいれんをみることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突発性発疹症の関連キーワード性感染症麻疹急性感染症突発性発疹慢性感染症顕性感染伝染性感染症非伝染性感染症細菌性感染症乳児ばら疹