コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突発性発疹症 とっぱつせいはっしんしょうexanthema subitum

1件 の用語解説(突発性発疹症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突発性発疹症
とっぱつせいはっしんしょう
exanthema subitum

小児バラ疹。乳幼児の急性発疹性感染症で,病原体はウイルスと考えられている。好発年齢は生後5~6ヵ月から2~3歳までで,前駆症状なしに突然,高熱で発病する。その際に嘔吐やけいれんをみることがある。 39~40℃の熱が3~4日続いたのちに急に解熱し,同時に紅斑が顔面,頸部,胸から全身に広がる。紅斑が出るとともに回復期に入り,発疹は一両日中に消失する。予後は良好で,対症療法で治癒する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone