コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突貫小僧

デジタル大辞泉プラスの解説

突貫小僧

1929年公開の日本映画。監督:小津安二郎、原作:野津忠二、脚本:池田忠雄、撮影:野村昊。出演:斎藤達雄、青木富夫、阪本武ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の突貫小僧の言及

【生れてはみたけれど】より

…日本のサイレント映画の最高峰に立つ不朽の名作と評価されている。《東京の合唱》(1931)に続いて,子もちの若いサラリーマン夫婦の家庭に題材をとった〈サラリーマン喜劇〉の1本で,小津的ナンセンス喜劇の一方の雄である斎藤達雄(1902‐68)の演ずる〈おとな〉の不自由な会社員生活と,小津喜劇とともに育った子役スター,突貫小僧の演ずる〈子ども〉の屈託のないいたずらの対照を通して,昭和初期の社会に差し始めた暗い影を軽妙さと深刻さの巧みなあんばいによって描く。1932年度キネマ旬報ベストテン第1位。…

※「突貫小僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

突貫小僧の関連キーワード大人の見る繪本 生れてはみたけれど生れてはみたけれどチョコレートガール女こそ家を守れ青木 富夫東京の宿偉くなれ髭の力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突貫小僧の関連情報