竇娥冤(読み)とうがえん(英語表記)Dou-e-yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竇娥冤
とうがえん
Dou-e-yuan

中国,元代の戯曲。関漢卿の作。若い寡婦の竇娥が,ならず者の張驢児の意に従うことを拒んで奸計に落され,毒殺事件の犯人とされて刑死する。まもなく巡察官としてやってきた彼女の父が,亡霊となった娘の訴えによってその冤罪を明らかにするという筋。当時の社会の暗黒面を正面から描いた,元曲屈指の名作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竇娥冤
とうがえん

中国、元代の戯曲。四折(せつ)(幕)。関漢卿(かんかんけい)作。借金のかたに7歳で金貸しの蔡(さい)後家にもらわれた竇娥は、幼夫が病死し、20歳の寡婦。ごろつき張驢児(ちょうろじ)とその父は、2人が寡婦なのにつけこみ結婚を迫り蔡家に住み着く。驢児は蔡後家を毒殺し罪を竇娥に着せ、おどしてめとろうと計画したが、死んだのは父であった。竇娥は姑(しゅうとめ)を拷問から守るため、舅殺しの罪をかぶり処刑される。彼女は無実を叫び、夏に雪が降り血は舞い上がると言い残し、そのとおりの現象がおこる。科挙に及第して検察長官になった父竇天章の夢枕(ゆめまくら)に竇娥は張驢児の悪事を訴える。父は裁判をやり直し娘の恨みを晴らす。全四幕を通し竇娥が唱(うた)い、四幕は亡霊姿で唱うがすこしも不自然を感じさせない。関漢卿の代表作の一つであり、元曲最高の悲劇。[平松圭子]
『田中謙二訳『竇娥寃』(『中国古典文学大系52 戯曲集 上』所収・1970・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android