コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立地因子 りっちいんし locational factor

1件 の用語解説(立地因子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立地因子
りっちいんし
locational factor

立地要因ともいう。住宅や企業などを地表の特定地点もしくは,地域にひきつけている要因。工業で最も多く使われる用語。おもに働いた立地因子によって,産業を製陶,製紙,食品工業などのような原料指向型,アルミ工業のような動力指向型,製糸工業などのような労働力指向型に分類することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立地因子の言及

【工業立地】より

…マックス・ウェーバーの実弟)であり,彼の理論はその後の立地論の展開に,また現実の工業立地分析に大きな影響を与えている。ウェーバーは,一定の場所での生産活動の単位を立地単位とし,工業の分布を規定する経済的原因を立地因子とよんだ。そして立地因子を全工業について認められる一般因子と,特定の工業にのみ働く特殊因子とに分け,一般因子について検討を行っている。…

※「立地因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立地因子の関連キーワード外部環境要因環境要因地形輪廻分譲住宅転勤コートハウス外部要因ハザード(危害要因)中央住宅連結の範囲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone