コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立地因子 りっちいんしlocational factor

1件 の用語解説(立地因子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立地因子
りっちいんし
locational factor

立地要因ともいう。住宅や企業などを地表の特定地点もしくは,地域にひきつけている要因。工業で最も多く使われる用語。おもに働いた立地因子によって,産業を製陶,製紙,食品工業などのような原料指向型,アルミ工業のような動力指向型,製糸工業などのような労働力指向型に分類することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の立地因子の言及

【工業立地】より

…マックス・ウェーバーの実弟)であり,彼の理論はその後の立地論の展開に,また現実の工業立地分析に大きな影響を与えている。ウェーバーは,一定の場所での生産活動の単位を立地単位とし,工業の分布を規定する経済的原因を立地因子とよんだ。そして立地因子を全工業について認められる一般因子と,特定の工業にのみ働く特殊因子とに分け,一般因子について検討を行っている。…

※「立地因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone