コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立憲王党派 りっけんおうとうはMonarchistes constitutionnels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立憲王党派
りっけんおうとうは
Monarchistes constitutionnels

1814年フランス,ブルボン朝の王政復古に際し,旧貴族のなかのユルトラ (極右王党派) と自由主義ブルジョアとの妥協のうえで立憲君主制を維持しようとした党派。経済上では大土地所有者と銀行,大企業などの上層ブルジョアの利益を擁護する高関税政策に立脚していた。 15年8月の王政復古後初めての下院選挙はユルトラ派の大勝に終ったが,16年 10月の新たな選挙では立憲王党派が 262議席中 160議席を得,20年まで議会で多数派を形成した。こうして国王ルイ 18世とその政府は 14年6月4日の「欽定憲法」に従って旧貴族の伝統主義とブルジョア的社会関係との妥協を実現させ,ブルボン王権の安定化に努力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

立憲王党派の関連キーワードリシュリュー(Armand Emmanuel du Plessis duc de Richelieu)フランス革命史(年表)ロアイエ=コラールドクトリネールルイ(18世)ルイ18世ドカーズ公パスキエ公純理派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android