コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑虎 たちばな あきとら

1件 の用語解説(立花鑑虎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑虎 たちばな-あきとら

1646*-1702 江戸時代前期の大名。
正保(しょうほ)2年11月15日生まれ。立花忠茂の4男。寛文4年筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花家3代となる。藩営の干拓地黒崎開(くろさきびらき)を完成。天和(てんな)2年からの総検地により,あらたに2万石ちかくを打ちだし,年貢5万5000石余りを算出した。元禄(げんろく)15年6月23日死去。58歳。号は英山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の立花鑑虎の言及

【柳河藩】より

…筑後国(福岡県)山門郡柳河に藩庁を置いた外様中藩。藩主は立花氏。10万9600石。1587年(天正15)筑前立花城を居城とする立花宗茂が,豊臣秀吉の九州征伐ののち筑後柳河に配置されて成立し,石高は13万2200石。宗茂は関ヶ原の戦で西軍に味方したため改易となり,代わって1600年(慶長5)三河岡崎から田中吉政が入封し,筑後一国を支配し,石高は32万5000石。吉政は柳河城を修築・整備する一方,低湿デルタ地帯の開発を進めたが,2代忠政のとき20年(元和6)世嗣断絶によって改易となり,代わって,先に改易となり陸奥棚倉において再び大名に取り立てられた宗茂が再入封し,筑後下5郡10万9600石を領有した。…

※「立花鑑虎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立花鑑虎の関連キーワード遠藤慶利大関高増(2)勝継九鬼隆常塩見春政蝶々子(1)丹羽氏信松平近時米津田盛米倉昌明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone