コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今枝流 いまえだりゅう

大辞林 第三版の解説

いまえだりゅう【今枝流】

近世、居合剣術の流派。流祖は丹後宮津の今枝弥右衛門良重。元禄(1688~1704)の頃江戸で今枝左仲良台が広め、以後理方りかた一流と称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

今枝流

居合術の流派のひとつ。丹後・宮津の京極氏の家臣、今枝弥右衛門良重(やえもんよししげ)と、その子四郎左衛門良正が創始。元禄の頃に良正の甥にあたる良台(よしもと)が江戸の道場を継ぎ、以後「理方(りかた)一流」と称して全国に広まった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今枝流
いまえだりゅう

近世居合剣術の一流派。今枝流理方(りかた)剣術、理方一流(いちりゅう)ともいう。寛永(かんえい)(1624~44)のころ、丹後(たんご)宮津の京極(きょうごく)氏の家臣今枝弥右衛門良重(やえもんよししげ)・四郎左衛門良正父子が、浅山一伝流、伯耆(ほうき)流など居合諸流を修得し、さらにくふう研究を重ねて一流に編成したもので、その手数は居合35、外物(とのもの)立合10をはじめ総極意三か条まで合計131手を基本とする。1666年(寛文6)主家が改易されたため、長子良正は浪人となって江戸に出て道場を開き、のち近江(おうみ)膳所(ぜぜ)の本多家に仕え、禄(ろく)300石を与えられた。次子左仲良堅(さちゅうよしかた)と三子市右衛門良次は鳥取池田家の重臣荒尾志摩に仕え、伯耆の倉吉に住み、流儀の発展を図った。良堅の子良台(よしもと)(1646―1702)は10歳のころから父に従って厳格な修業に入り、廻国(かいこく)修業ののち、江戸に出て伯父良正のもとで流儀の奥秘を極め、かたわら新陰、樫原(かしはら)、起倒など刀槍棒柔(とうそうぼうじゅう)の諸流の伝習に努め、理方(理法)の深化を図った。この間、摂津高槻(たかつき)の永井日向守(ひゅうがのかみ)直清に仕えたが、仕官の身では修業不十分として辞任し、伯父の下谷御徒(したやおかち)町の道場を受け継いで理方一流の唱導に努め、当時江戸屈指の達人といわれた。なお今枝の門流は、上記鳥取、倉吉、膳所をはじめ、仙台、作州津山、伊賀上野などに広がった。[渡邉一郎]
『山根幸恵著『鳥取藩剣道史』(1982・渓水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今枝流の関連キーワード理方一流居合術流祖

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android