コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南明 なんみんNan-ming

2件 の用語解説(南明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南明
なんみん
Nan-ming

中国,明朝の滅亡後,明の王室の一族が南方各地に建てた王朝 (1645~62) の総称。崇禎 17 (44) 年の李自成の乱により明の崇禎帝が自殺,続いてドルゴンに率いられる満州軍が李自成を追って北京に入城し,清朝の中国支配が始ると多くの明朝官僚は清朝に服従した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんみん【南明 Nán Míng】

1644‐62
中国,明朝滅亡ののち,その遺王たちは江南各地で清朝に対抗したが,彼らが建てた政権を南明と総称する。三藩(福王朱由崧唐王朱聿鍵(いつけん),永明王朱由榔),四藩(三藩に魯王朱以海を加える)と呼ばれることもある。李自成が北京を陥れ,崇禎帝が自殺して明朝が滅ぶと,明朝復興運動が相次いで起こった。最初に設立されたのは南京の福王政権で,福王は万暦帝の孫にあたり,史可法,馬士英らに擁立されて弘光帝をとなえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南明の関連情報