コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立間祥介 たつま しょうすけ

1件 の用語解説(立間祥介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立間祥介 たつま-しょうすけ

1928-2014 昭和後期-平成時代の中国文学者。
昭和3年3月22日生まれ。慶大教授をへて,平成6年浜松大教授。「三国志」の研究で知られた。平成26年6月2日死去。86歳。東京出身。善隣外事専門学校卒。本名は祥介(よしすけ)。著作に「乱世を生きる―孫子」,訳書に「三国志演義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

立間祥介の関連キーワード尾崎秀樹一海知義今村与志雄中野美代子益田勝実松田修丸山昇村松暎村上哲見興膳宏

立間祥介の関連情報