コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜天 りゅうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜天 りゅうてん

1677-1767 江戸時代中期の僧。
延宝5年生まれ。真言宗。京都の智積(ちしゃく)院でまなび,隆誉に灌頂(かんじょう)をうける。のち醍醐寺の真円事相(密教の修法)をまなび,郷里常陸(ひたち)(茨城県)円福寺の住職となる。延享元年(1744)智積院17世,3年僧正。明和元年大報恩寺(千本釈迦堂)に灌頂道場をひらいた。明和4年2月6日死去。91歳。俗姓は明芽。字(あざな)は琳珊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうてん【竜天】

海産の巻貝。殻高約5センチメートル。貝殻は円錐形。殻表は平滑で光沢のある赤紫褐色の地に緑褐色の螺旋らせん状の帯があり、淡灰黄色の不規則な斑がはいる。奄美大島以南に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

竜天 (リュウテン)

動物。リュウテンサザエ科の巻き貝。リュウテンサザエの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

竜天の関連キーワード吉井竜天オートキャンプ場熊本県八代市坂本町中谷ロンティエン寺伊賀風山円錐形追儺面吉州窯光沢分布貝殻巻貝海産最長飛竜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜天の関連情報