コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜天 りゅうてん

2件 の用語解説(竜天の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜天 りゅうてん

1677-1767 江戸時代中期の僧。
延宝5年生まれ。真言宗。京都の智積(ちしゃく)院でまなび,隆誉に灌頂(かんじょう)をうける。のち醍醐寺の真円に事相(密教の修法)をまなび,郷里常陸(ひたち)(茨城県)円福寺の住職となる。延享元年(1744)智積院17世,3年僧正。明和元年大報恩寺(千本釈迦堂)に灌頂道場をひらいた。明和4年2月6日死去。91歳。俗姓は明芽。字(あざな)は琳珊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

りゅうてん【竜天】

海産の巻貝。殻高約5センチメートル。貝殻は円錐形。殻表は平滑で光沢のある赤紫褐色の地に緑褐色の螺旋らせん状の帯があり、淡灰黄色の不規則な斑がはいる。奄美大島以南に分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜天の関連キーワード実聞東湖荒木維岳石川昆陵川又常行尭州佐藤秀周鈴木始卿了碩弄幻子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜天の関連情報