コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜州 りゅうしゅう

2件 の用語解説(竜州の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

竜州【りゅうしゅう】

中国,広西チワン族自治区南西端近くの県。旧名竜津。麗江県を1952年竜津県と改称,1961年かつての竜州県名を復活。南はベトナム,北は南寧に通じる要地。1887年開市場となり,インドシナ半島との通商地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜州
りゅうしゅう / ロンチョウ

中国、広西チワン族自治区南西端の県および県政府所在地の鎮。南寧(なんねい/ナンニン)地区に所属する。人口26万7434(2000)。鎮は珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の左江上流に沿い、唐代から珠江水系を遡行(そこう)しベトナムに至る交通路の要衝として開かれ、少数民族支配の行政府が置かれ、1887年の清仏(しんふつ)条約により開港地とされた。左江は竜州で竜江と黎渓(れいけい)に分かれるが、これらをさかのぼったベトナム国境には、水口関、平而関が設けられていた。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜州の関連キーワード珠江貴陽桂林端渓南寧柳州彝族広西チワン族広西チワン族自治区

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone