コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜州(読み)りゅうしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜州
りゅうしゅう / ロンチョウ

中国南部、広西チワン族自治区南西端の崇左(すうさ)市に属する県および県政府所在地の鎮。竜州県の人口は27万(2015)。竜州鎮は珠江(しゅこう)水系の左江(さこう)上流に沿い、唐代から珠江水系を遡行(そこう)しベトナムに至る交通路の要衝として開かれ、少数民族支配の行政府が置かれた。1887年の清仏(しんふつ)条約により同自治区内で最初に対外開放された貿易港となった。左江は竜州で竜江と黎渓(れいけい)に分かれ、これらをさかのぼったベトナム国境には、水口関、平而関(へいじかん)が設けられていた。1930年小平(とうしょうへい)らによる竜州起義(蜂起)の記念館や、小連城、花山崖壁画などの名勝・旧跡がある。[青木千枝子・河野通博・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android