コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜州 りゅうしゅう

百科事典マイペディアの解説

竜州【りゅうしゅう】

中国,広西チワン族自治区南西端近くの県。旧名竜津。麗江県を1952年竜津県と改称,1961年かつての竜州県名を復活。南はベトナム,北は南寧に通じる要地。1887年開市場となり,インドシナ半島との通商地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜州
りゅうしゅう / ロンチョウ

中国、広西チワン族自治区南西端の県および県政府所在地の鎮。南寧(なんねい/ナンニン)地区に所属する。人口26万7434(2000)。鎮は珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の左江上流に沿い、唐代から珠江水系を遡行(そこう)しベトナムに至る交通路の要衝として開かれ、少数民族支配の行政府が置かれ、1887年の清仏(しんふつ)条約により開港地とされた。左江は竜州で竜江と黎渓(れいけい)に分かれるが、これらをさかのぼったベトナム国境には、水口関、平而関が設けられていた。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竜州の関連キーワードロンチョウ(竜州)鎮ナンニン(南寧)地区能勢達太郎ロンチョウ岡白駒

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android