竜脚形類(読み)りゅうきゃくけいるい(英語表記)sauropodomorph

日本大百科全書(ニッポニカ)「竜脚形類」の解説

竜脚形類
りゅうきゃくけいるい
sauropodomorph
[学] Sauropodomorpha

竜盤目竜脚形類(亜目)に属する恐竜トカゲのような骨盤をもつ竜盤目は、肉食恐竜で二肢歩行であった獣脚類(亜目)と、草食恐竜で四肢歩行であった竜脚形類(亜目)に区別されている。竜脚形類の特徴は、一見しただけでも、頭が小さい、頸(くび)が長い、胴が大きい、尾が長いなどでわかりやすい。しかし骨学的に細かくいうと、たとえば、鼻孔の下にもう一つ別の穴をもつ、後方の頸椎(けいつい)が長くなる、後関節突起の下に棒状の突起があって、前関節突起の下にあるへこみに関節し胴椎を強化している、手の親指が大きい、距骨(きょこつ)に上方に伸びるくさび形の突起がある、などの共有特質がある。竜脚形類は、三畳紀後期の約2億3000万年前からジュラ紀中期の約1億7000万年前まで存続した古竜脚類(下目)Prosauropodaと、三畳紀後期の約2億2000万年前から白亜紀末の約6550万年前まで存続した竜脚類(下目)Sauropodaに区分される。ただし、両者は先祖と子孫の関係であるのではなく、平行的に発達した姉妹群である。

[小畠郁生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android