コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜盤類 りゅうばんるいSaurischia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜盤類
りゅうばんるい
Saurischia

爬虫類竜盤目。テコドント類 (→槽歯類 ) から発生したとみられる恐竜の一群で,初めは肉食性二脚のもの,次いで草食性四脚のものが出てきた。歯は円錐形槽生歯性。肉食性二脚の獣脚亜目 (白亜紀末期には雑食となった種類を含む) と,巨大な体になる草食または雑食の竜脚亜目 (→竜脚類 ) に分けられる。白亜紀のティラノサウルス科は大型で,頭は大きく歯も剣のように発達した凶猛な攻撃竜の一群である。ティラノサウルスは全長約 13m,アルバートサウルスは約 9mもある,地球始って以来の地上最大肉食動物であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうばんるい【竜盤類】

爬虫はちゆう類の一グループ。鳥盤類とともに、恐竜類を構成する。運動性にすぐれた特徴的な骨盤をもつ。ジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄し、最大級の陸上動物を生み出した。獣脚類(ティラノサウルス・デイノニクスなど)・竜脚類(ブラキオサウルス・ディプロドクスなど)に分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜盤類
りゅうばんるい
saurischians
[学]Saurischia

普通、恐竜とよばれる中生代爬虫(はちゅう)類の二つのグループの一つで、絶滅した目(もく)。竜盤類というのは、トカゲの腰という意味に由来し、爬虫類に特徴的な三方向に広がった骨盤(腸骨・恥骨・坐骨(ざこつ)の長軸方向がある角度をなす)をもつ。ただし例外がある。ドロマエオサウルス科やテリジノサウルス類では、恥骨が後下方に向き坐骨と平行するので、鳥類と似た状態になる。竜盤目には大別して二つの進化系列がある。一つは二肢で歩くケラトサウルス類(下目)Ceratosauria、テタヌラ類(下目)Tetanuraeである。ケラトサウルス類は、コエロフィシス上科Coelophysoideaとネオケラトサウルス類Neoceratosauriaで構成される。テタヌラ類はコエルロサウルス類Coelurosauria、カルノサウルス類Carnosauriaを含む鳥獣脚類Avetheropodaとスピノサウルス上科Spinosauroideaからなる。テタヌラ類とケラトサウルス類にヘレラサウルス科とエオラプトルなどを加えると、獣脚類(亜目)Theropoda(獣の肢(あし)という意味)である。もう一つは三畳紀後期からジュラ紀中期にかけて、約2億3000万年~1億7000万年前に生息していた古竜脚類(下目)Prosauropoda、三畳紀後期から白亜紀にかけて、約2億2000万年~6550万年前に生息していた四肢歩行の竜脚類(下目)Sauropodaを含む竜脚形類(亜目)Sauropodomorpha(トカゲの肢という意味)である。これらのうち、獣脚類のテタヌラ類は癒合鎖骨と3本指の手をもち、テタヌラ類のうちマニラプトル形類には手首を回転するための半月形の手根骨(しゅこんこつ)が存在し、とくにドロマエオサウルス科は恥骨の向きが変わっている。また、羽毛や羽毛様構造はコエルロサウルス類のいくつかで確認される。以上を総括すると、鳥類は獣脚類の一部に由来するし、むしろ獣脚類中に含めてはという意見さえある。[小畠郁生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竜盤類の関連キーワードカルカロドントサウルスシノサウロプテリクスヤンチュアノサウルスルーフェンゴサウルスディクラエオサウルスアーケオルニトミムスストルティオミムステコドントサウルスモノロフォサウルスドロマエオサウルススタウリコサウルスベイピャオサウルスエオシノプテリクスクンミンゴサウルスカウディプテリクスディロフォサウルスダスプレトサウルスエオドロマエウスデルタドロメウスマメンチサウルス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜盤類の関連情報