コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜脚類 りゅうきゃくるい Sauropoda

2件 の用語解説(竜脚類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜脚類
りゅうきゃくるい
Sauropoda

爬虫類竜盤目竜脚亜目に属する一群の恐竜。体格は重厚。四脚歩行性で草食または雑食。一般に頸と尾が非常に長い。頭骨は小さく,頭蓋は極度に小さい。歯はへら状または坑状で両縁に刃を有する。後肢はがんじょうで直立,大腿骨は脛骨より長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜脚類
りゅうきゃくるい
sauropod
[学]Sauropoda

竜盤目竜脚形類(亜目)竜脚類(下目)に分類される恐竜。四本肢(あし)で動いた大形重量級の草食恐竜。雷竜(カミナリ竜)あるいは雷(らい)竜ともいう。陸生動物としては史上最大に達した。たとえばブラキオサウルスBrachiosaurusは体長約25メートル、体高13メートル、体重78トン、ディプロドクスDiplodocusは体長約27メートル、体高4メートル、体重10トンに及ぶ。ブラキオサウルス類を除き前肢が後肢よりかなり小さく、二肢歩行性の先祖をもったと考えられる。中生代のジュラ紀と白亜紀を通じ存続したが、とくにジュラ紀後期の、約1億6120万年~1億4550万年前に繁栄した。このころの地球は比較的低酸素で二酸化炭素濃度が高く、植物は高木に育ったが栄養価が低く、草食恐竜は大量の食餌(しょくじ)を必要とし、巨大化した一方、体重の軽量化のために気嚢(きのう)システムを発達させたといわれる。かつては湿地や河川湖沼を好み水中や水際の植物を主食としたと思われていたが、四肢がゾウのようにがっしりとしており、幅広い足に大きな肉趾(にくし)をもち足の指の開きもあることから、長い頸(くび)を伸ばして陸地の樹木の葉を食べたと想像される。ただし、胴の脊柱(せきちゅう)の延長方向に頸椎(けいつい)部と尾椎部を伸ばした姿勢をとり、頭部では目のすぐ前に外鼻孔が位置するように、頭部が頸から急角度で下方を向くのが自然であるといわれている。なお、寿命は100~200歳ぐらいでないかと想像されている。[小畠郁生]
『NHK「恐竜」プロジェクト編、小林快次監修『恐竜vsほ乳類――1億5千万年の戦い』(2006・ダイヤモンド社) ▽平山廉著『最新恐竜学』(平凡社新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜脚類の関連キーワードイグアノドンブラキオサウルス竜盤類ブロントサウルスカモハシ竜(鴨嘴竜)コンプソグナツスタルボサウルスティランノサウルストカゲ(蜥蜴)竜盤目

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜脚類の関連情報