コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童唄 わらべうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

童唄
わらべうた

子供たちが遊びなどの生活のなかで口伝えに覚え,また遊びに合せて作り変えたりしながら歌っている唄。広義の民謡に含まれ,民俗音楽の一種。古くは童謡ともいったが,大正期に童謡運動が起り,それらを童謡または創作童謡などと称し,本来の童謡を伝承童謡,童唄などといって区別した。おもに季節の変り目,民俗行事などで歌うものと,子守唄遊戯のなかで歌うものがある。民俗行事では,七草,鳥追い,雛 (ひな) や菖蒲 (しょうぶ) の節句などで歌われ,遊戯では,まりつき,縄飛び,鬼ごっこ,お手合せ (せっせっせ) ,お手玉羽根つきなどで歌われる。その他数え唄,しりとり唄,早口唄,悪口唄,人をはやしている唄,唱えごとの唄など言葉を中心とした歌もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

童唄の関連キーワードM.ブーテ・ド モンヴェルよいとまけカタツムリわらべうた小泉文夫蝶々夫人口承文芸郭公の巣唱え言歌曲音階蛍狩口碑

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android