コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端山 ハヤマ

デジタル大辞泉の解説

は‐やま【端山】

に対して、人里近くの低い山。また、連山のはしの方にある山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はやま【端山】

(奥山・深山みやまに対して)人里に近い山。外山とやま。 「 -にかかる月」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

端山の関連キーワード長崎県佐世保市針尾中町絃曲大榛抄月田蒙斎楠本正徹朱子学派酒井尊之光崎検校大元神楽楠本碩水楠本正継楠本端山葉山信仰青木重兼針ノ木岳三宅観瀾小倉山葉山町奥山貞光静坐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端山の関連情報