競漕(読み)キョウソウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐そう〔キヤウサウ〕【競×漕】

[名](スル)ボートで一定の距離をこいで、その速さをきそうこと。ボートレース。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうそう【競漕】

( 名 ) スル
船をこぎ、速さをきそいあうこと。ボート-レース。 [季] 春。 《 -や午後の風波立ちわたり /水原秋桜子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐そう キャウサウ【競漕】

〘名〙 ボートで、一定の距離をこいで、その速さを競うこと。ボートレース。《・春》
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「競は川の中といひ軍楽をはやしたて旗旒をへんぽんと翻し漕手の衣服を色どりなどする故」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

競漕の関連情報