競漕(読み)きょうそう

精選版 日本国語大辞典「競漕」の解説

きょう‐そう キャウサウ【競漕】

〘名〙 ボートで、一定の距離をこいで、その速さを競うこと。ボートレース。《・春》
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「競は川の中といひ軍楽をはやしたて旗旒をへんぽんと翻し漕手の衣服を色どりなどする故」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「競漕」の解説

きょう‐そう〔キヤウサウ〕【競×漕】

[名](スル)ボートで一定の距離をこいで、その速さをきそうこと。ボートレース。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android