競買(読み)きょうばい

大辞林 第三版の解説

きょうばい【競買】

けいがい【競買】

競売にかけられた物件を買い受けること。買い受け。法律実務で「競売」と区別して言う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ばい キャウ‥【競買】

〘名〙 一定の期日に買い手が集まり、その中で最高価格を申し出た人が買うこと。また、法律で定められた競売において競売物を買うこと。せりがい。現在、法律用語では普通「けいばい」と読む。

けい‐がい ‥がひ【競買】

〘名〙 競売手続において、動産または不動産の買受けをすること。

けい‐ばい【競買】

〘名〙 (「けい」は「競」の漢音) 現在の法律用語で「きょうばい(競買)」をいう。→きょうばい

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android