コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹売 たけうり

世界大百科事典 第2版の解説

たけうり【竹売】

中世における商人の一種。《三十二番職人歌合》にその名がみえるが,室町時代に商品流通が盛んになるにしたがって,農民が竹売に進出する例がみられた。京都近郊の深草木幡には,山科家に属する竹供御人(たけくごにん)がいたが,1481年(文明13),両者はその利権について争い〈伏見(深草)ハひさしき供御人,小幡ハちかし〉といわれているのは,木幡が深草より後に竹売に進出したことを示している。山科家にはこのほか,差別をうけた散所の一つである〈竹うり散所者〉が所属していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

竹売の関連キーワード山岡 強一宝井其角

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android