コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十二番職人歌合 さんじゅうにばんしょくにんうたあわせ

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうにばんしょくにんうたあわせ【三十二番職人歌合】

職人を左右に分かち歌を競わせ,判者優劣を決める,中世に制作された〈職人歌合〉の一つ。《東北院職人歌合》(1214),《鶴岡放生会職人歌合》(1261)に続くもので,1494年(明応3)2月,後土御門天皇生母,嘉楽門院信子(後花園帝皇后)の七回忌法要を機に作られたと思われる。歌数は64首で〈花〉〈述懐〉を題とし,おのおの16番の歌合となり,職人は32種,判者は勧進聖である。構成は《維摩経》によると思われ,絵画的にも動的な描写がみられ,先行の2作品を意識しながらも独自な作品となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三十二番職人歌合の関連キーワード差し合はせ地黄煎売職人尽虚無僧絵解き辻が花息の緒揺ぶる絵巻算置跼む乞胸竹売

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android