コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹尾正胤(読み)たけお まさたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹尾正胤 たけお-まさたね

1833-1874 江戸後期-明治時代の神職,国学者。
天保(てんぽう)4年7月生まれ。三河舞木(まいぎ)(愛知県岡崎市)の人。舞木八幡宮の社司をつとめる。維新後は皇学所に出仕し,弾正台大巡察,宣教使大講義生をへて砥鹿(とが)神社権宮司兼中講義となった。明治7年9月17日死去。42歳。通称は東一郎。著作に「非葛花弁」「大帝国論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけおまさたね【竹尾正胤】

1833~1874) 幕末・明治の国学者。三河の神官。通称は東一郎、号は厳之真屋。平田篤胤没後の門人。「大帝国論」を書き、洋学の知識を取り入れて、天皇中心の世界観を提示した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android