社司(読み)しゃし

精選版 日本国語大辞典「社司」の解説

しゃ‐し【社司】

〘名〙
① 神社で神に仕え、社務をつかさどる者。神職神官神主。やしろづかさ。
※九冊本宝物集(1179頃)六「社司こそ国司をばまつべけれ、国司にまたるるいはれなし」
② 明治二七年(一八九四)に定められた神職の職名の一つ。府社・県社・郷社および内務大臣が指定する護国神社の神職。一社一人でその神社の首長として祭祀庶務を管掌した。昭和二一年(一九四六廃止

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「社司」の解説

しゃ‐し【社司】

神社で、神に仕え、社務を執る者。神職。神官。神主かんぬし。やしろのつかさ。
旧制で、神職の職名。府県社・郷社の社掌しゃしょうの上の位で、祭祀さいし・庶務を管理した。昭和21年(1946)廃止。
[類語]神職神主神官宮司禰宜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android