コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹沢藤治(3代) たけざわ とうじ

2件 の用語解説(竹沢藤治(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹沢藤治(3代) たけざわ-とうじ

?-? 江戸時代後期の曲芸師。
2代竹沢藤治の子。嘉永(かえい)2年(1849)3代を襲名し,江戸西両国広小路で披露興行をおこなう。曲独楽(きょくごま)と水中早がわりなどをくみあわせ評判となり,7ヵ月間連続興行の大当たりをとった。初名は万治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹沢藤治(3代)

生年:生没年不詳
幕末の曲独楽師。江戸の下谷に住む2代目藤治の子。前名は万治。宙乗りやからくりも取り入れて,独楽の芸を大劇場向きに改めた。弘化1(1844)年,父と共に西両国広小路で評判をとったのち,大坂をはじめ西国筋を巡業。嘉永2(1849)年再び両国へ出たとき,父は梅升と改名して万治に3代目を譲った。この興行で新藤治は,水中早替わりや独楽の中から三味線や箏を取り出すなど目新しい芸を演じ,7カ月間のロングランをとった。舞台での負傷が原因で,明治初期に没したようだ。嗣子の万治は明治7(1874)年浅草で大入りをとり,20年に4代目を襲名した。<参考文献>朝倉無声『見世物研究』

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹沢藤治(3代)の関連キーワード曲独楽源水源水独楽独楽回し下谷一番下谷組山様昇亭岐山竹沢藤治(2代)松井源水(13代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone