水芸(読み)みずげい

日本大百科全書(ニッポニカ)「水芸」の解説

水芸
みずげい

本物の水を用いて行う奇術曲芸の総称。水からくりともいう。精密な細工や仕掛けで人形などを遣う水からくり見世物は、寛文(かんぶん)期(1661~73)から竹田からくりの一座などによって行われていた。1806年(文化3)名古屋の大須(おおす)で興行された水からくりは、銚子(ちょうし)、果物たばこ盆、壺(つぼ)、などから水を噴射させる奇観で人々を驚かせた。その方法は、細い管を舞台袖(そで)から演者の手元足元を通して品物に通じておき、口上や音曲にあわせて裏で水栓を開けたり閉めたりしたものであった。これらの手法は歌舞伎(かぶき)や人形芝居にも取り入れられた。明治末には奇術師の初代松旭斎天勝(しょうきょくさいてんかつ)も水芸を売り物にした。新派の演目『滝の白糸』では、この水芸の場を見せ場の一つにしている。

[織田紘二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「水芸」の解説

水芸
みずげい

実際の水を用いる手品,奇術,曲芸などの演芸水からくりから発生したものであるが,江戸時代末期に竹沢藤治曲独楽 (きょくごま) に応用したのが最初といわれる。多くは扇子,刀,花などの先端から水を吹出させたりするが,特に女芸人による水芸が人気を集めた。花柳章太郎が新派に水芸を取入れたのは 1933年8月の東劇公演が最初で,その舞台『白糸』の水芸が知られるほかは,現在ではあまりみられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「水芸」の解説

みず‐げい みづ‥【水芸】

〘名〙
① 実際に水を用いて演ずる曲芸や手品。ふつう、囃子の伴奏にのせて、刀の先・扇子・衣服などから水を吹き出させる芸をいう。《季・夏》
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉六「滝の白糸が水芸(ミヅゲイ)なり」
② 水の中で演ずる芸当。
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉雛が三疋「燕の曲飛び、鵜の水芸(ミヅゲイ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「水芸」の解説

水芸【みずげい】

水を用いる曲芸奇術。演者はおもに女性で,衣服,扇子,刀,湯のみなどから水を噴出させる。細い管を通してあるのが仕掛。幕末に曲独楽(ごま)の竹沢藤治が一座の少女に演じさせたのが最初といわれ,奇術師松旭斎天勝が得意とした。泉鏡花の《滝の白糸》(《義血侠血》)は水芸の太夫白糸を主人公にしている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「水芸」の解説

みず‐げい〔みづ‐〕【水芸】

水を用いる曲芸や手品。囃子はやしに合わせて、扇子や刀・衣服などの先から水を噴き出させるもの。細い管を通した仕掛けがしてあり、多く女性が演じる。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「水芸」の解説

みずげい【水芸】

水を用いて種々のからくりを見せる見世物の一種。水からくり。水を利用した仕掛物は,すでに寛文期(1661‐73)から行われている。1729年(享保14)の夏に,京都四条河原で〈臥竜竹(がりゆうちく)〉と称されて見世物に出たのもその一種で,水槽の中に枝葉のある青竹を植え込み,青竹から絶えず水を噴出しているが,それによって水槽の水が少しも増減しないという精巧さで人々を驚かせたという。1806年(文化3),名古屋で水からくりがあり,銚子,果物,たばこ盆,きせる,壺,刀の身などいろいろな物から水を噴射させて〈奇観〉と称されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android