コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲独楽(読み)キョクゴマ

大辞林 第三版の解説

きょくごま【曲独楽】

見世物の一。独楽まわしの曲芸。散楽系の曲技で、興行としては元禄期(1688~1704)に大坂に起こった。幕末を最盛期とし、浅草奥山の香具師やし松井源水が有名。現在も寄席芸として残っている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲独楽の関連情報