コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲独楽 キョクゴマ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ごま【曲独楽】

寄席演芸で、大小の独楽による曲芸元禄(1688~1704)ごろの博多独楽に始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

曲独楽

曲独楽〔きょくごま〕とは、江戸時代に考案された曲芸用の独楽のことです。大小の独楽を使って、独楽を扇子に乗せたり、綱渡りをさせるといった、様々な曲芸を披露する寄席演芸として、元禄(1688〜1704年)ごろに博多で生まれました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょくごま【曲独楽】

見世物の一。独楽まわしの曲芸。散楽系の曲技で、興行としては元禄期(1688~1704)に大坂に起こった。幕末を最盛期とし、浅草奥山の香具師やし松井源水が有名。現在も寄席芸として残っている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲独楽の関連キーワード松井 源水(15代目)松井 源水(16代目)柳川 一蝶斎(3代目)松井源水(16代)松井源水・松井玄水松井源水(15代)松井源水(13代)竹沢藤治(3代)松井源水(4代)竹沢藤治(2代)からくり下座音楽松井源水居合抜き独楽回し源水独楽博多独楽香具師大道芸寄席芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲独楽の関連情報