コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹流し タケナガシ

デジタル大辞泉の解説

たけ‐ながし【竹流し】

水を通して砂金などを沈殿させるために設けた竹製の樋(とい)。
室町末期から戦国時代にかけて、竹を二つに縦割りにした形状の鋳型に溶かした金銀を流し込んでつくった秤量(ひょうりょう)貨幣。竹流し金。竿金(さおがね)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

竹流し

青森県弘前市、大阪屋が製造・販売する銘菓。そば粉を原料に薄くのばして短冊形に焼いた和菓子

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹流しの関連情報