コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田からくり たけだからくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹田からくり
たけだからくり

からくりの見世物。ぜんまい仕掛けや水を使って,人形や道具を動かす妙技を見せる。1世竹田近江が時計からくりを工夫し,寛文2 (1662) 年大坂道頓堀浜側でからくりの専門劇場「竹田の芝居」を創立。子供狂言や手踊りなどを添えて,安い料金で見せた。また,観客の種明かしを望む要求に応じ,『からくり訓蒙鑑草 (からくりおしえぐさ) 』 (1730) などの解説書を出版するなどして親しまれたが,明和5 (68) 年,4世のときに閉座。竹田からくりの機巧は,義太夫浄瑠璃に取入れられたほか,祭礼の山車人形などに残った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の竹田からくりの言及

【からくり】より

…日本の機巧術が大きく発展するのは江戸時代のことで,日本の細工師たちはヨーロッパから渡来した機械時計にぜんまい,歯車,カム,クランクそして制御装置を目にし,これをもとに和時計をつくり,この時計技術を下敷きとして,からくりの夢を実現させた。竹田近江が考案した〈竹田からくり〉に代表される仕掛けものの人形芝居(竹田座)が盛況をみた江戸時代中期には,いっぽうで名古屋を中心に祭礼の〈屋台からくり〉が技術の粋をきそい,その遺品は今日では高山祭の〈竜神台〉や〈布袋(ほてい)台〉などの〈離れからくり〉にみることができる。いっぽう井原西鶴が〈茶をはこぶ人形の車はたらきて〉とよんで驚いた〈茶運(ちやはこび)人形〉に代表されるからくり人形も,江戸時代中期から精巧なものがつくられ,富裕な人々の玩具としてもてはやされた。…

※「竹田からくり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹田からくりの関連キーワード竹田出雲(初代)竹本座奇術寄席せり水芸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android