機巧(読み)きこう

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐こう ‥カウ【機巧】

〘名〙
① じょうずなしかけ。たくみな手法。細工。工夫。からくり。
※国歌八論(1742)歌源「あるは難き題を詠み得たる、あるは連続の機巧なるを喜びて」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「銕械、綱具、棉布、毛布みな機巧を尽す」 〔後漢書‐張衡伝〕
② いろいろ知恵をはたらかせること。才知をめぐらすこと。巧智。
※太平記(14C後)三八「機巧(キコウ)は大真に非ず。成る事は微微にして破るる事は大也」 〔江淹‐雑体詩・孫廷尉綽雑述〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐こう〔‐カウ〕【機巧】

巧みな装置。細かい仕組み。からくり。
「原子素量の存在、その結合による物質の構成―」〈寅彦・ルクレチウスと科学〉
いろいろと才知をめぐらすこと。「機巧を弄(ろう)する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android