山車人形(読み)だしにんぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山車人形
だしにんぎょう

神社の祭礼の際に、引いたり、担いだりする屋台(山車)に飾った人形。おそらく人形は神の依代(よりしろ)として、神霊の依(よ)り憑(つ)くものであろう。その神霊を祭りの場所まで連れて行くのが本来の山車の役割であったといわれている。山車人形として有名なのは京都祇園(ぎおん)祭のものである。京都市中を引いて回る山鉾(やまぼこ)の屋台に、物語や演劇などに登場する人物の人形を飾ることが多い。また、名古屋の東照宮の祭り、江戸の山王祭などにみられた。とりわけ名古屋のものは、からくり人形として特色があった。

[芳井敬郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android