コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田謙窓 たけだ けんそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田謙窓 たけだ-けんそう

1833-1889 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)4年生まれ。竹田梧亭の子。竹田定簡(さだひろ)の弟。筑前福岡藩士。安政5年安積艮斎(あさか-ごんさい)の門にはいる。文久元年帰藩し,慶応2年藩校修猷館の教授となる。維新後,各地の教職を歴任ののち,再興された修猷館の教導となった。明治22年11月22日死去。57歳。名は定猗(さだより)。字(あざな)は子斐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹田謙窓の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android