コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田梧亭 たけだ ごてい

1件 の用語解説(竹田梧亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田梧亭 たけだ-ごてい

1787-1840 江戸時代後期の儒者。
天明7年生まれ。竹田梅廬の次男。筑前(ちくぜん)福岡藩の儒官。東学問所修猷館(しゅうゆうかん)教授となり,黒田家家譜の編修にたずさわった。天保(てんぽう)11年6月7日死去。54歳。名は定夫。字(あざな)は子毅。通称は助太夫,茂兵衛。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹田梧亭の関連キーワード寛政の改革アヘン戦争寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象和田寧和田寧ロシア哲学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone