コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田定簡 たけだ さだひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田定簡 たけだ-さだひろ

1815-1889 江戸後期-明治時代の儒者。
文化12年生まれ。竹田梧亭の長男。筑前(ちくぜん)福岡藩士。父の死後に家督をつぎ,藩校修猷館の教授を命じられるが,修学のため休職して斎藤拙堂にまなぶ。のち教授として修猷館の学制をあらため,学館を改築した。明治22年10月23日死去。75歳。字(あざな)は子得。通称は助太夫。号は蕭韵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹田定簡の関連キーワード明治時代竹田謙窓儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android