竹田 敏行(読み)タケダ トシユキ

20世紀日本人名事典 「竹田 敏行」の解説

竹田 敏行
タケダ トシユキ

昭和期の小説家



生年
大正2(1913)年3月11日

没年
昭和42(1967)年11月24日

出生地
東京

学歴〔年〕
早稲田大学独文科卒

経歴
処女作は昭和15年6月「文化組織」に書いた「市政紊乱について」。同誌には「シュプリアン先生の逃亡」などを発表。戦後は「太鼓」「消滅」のほか群像」に書いた「スピノザの石」が芥川賞候補になった。著書はアプレゲール叢書の1冊の劇作集「最後の退場」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android