コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群像 ぐんぞう

9件 の用語解説(群像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群像
ぐんぞう

文芸雑誌。 1946年 10月創刊。講談社発刊。月刊。一党一派に偏しない編集方針を堅持し,創作欄を中心に幅広い執筆者を起用して,純文芸誌の中核的存在と目されている。有木勉,大久保房男,中島和夫らが編集を担当し,吉行淳之介安岡章太郎らいわゆる「第三の新人」の多く作品を掲載した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐ぞう〔‐ザウ〕【群像】

多くの人々の姿。「青春群像
絵画・彫刻で、人物の集合的構成により、集団的な意志や精神状況を表現したもの。
[補説]書名別項。→群像

ぐんぞう【群像】[書名]

文芸雑誌。昭和21年(1946)講談社より創刊。純文学の公募新人賞である群像新人文学賞を主催。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

群像【ぐんぞう】

文芸雑誌。講談社発行。1946年10月,同社初の純文学雑誌(月刊)として創刊。1947年4月に始まった〈創作合評〉が名物となる。新人発掘の場として1958年に群像新人文学賞を設け,小説で大庭みな子,李恢成,高橋三千綱,村上龍ら,評論部門で秋山駿,磯田光一柄谷行人らを輩出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

群像

株式会社講談社が発行する文芸・歴史誌。おもに純文学を掲載。毎月7日発売。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんぞう【群像】

講談社発行の月刊文芸雑誌。1946年10月創刊。当初,社の内外に,講談社になじまない純文学雑誌の前途を危ぶむ声があったが,47年4月に始まる鼎談形式の〈創作合評〉や長編小説の一挙掲載,有望新人の育成(1958年〈群像新人文学賞〉発足)などで評価を高め,現在では最も有力な文芸雑誌の一つとなった。この雑誌の創刊は,〈面白くて為になる大衆雑誌王国として栄えた第2次大戦前の講談社のイメージチェンジに大きく貢献し,それまで無縁だった多くの作家・評論家を講談社に結びつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぐんぞう【群像】

絵画・彫刻などで,多くの人間の集団的行動を主題として描いたもの。
多くの人々がそれぞれに生き生きと活躍している姿。 「青春の-」

ぐんぞう【群像】

文芸雑誌。1946年(昭和21)創刊。創作欄の充実を編集方針に,純文学の担い手としての声価を得る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群像
ぐんぞう

月刊文芸雑誌。1946年(昭和21)10月創刊、講談社発行。第二次世界大戦直後の文学評論が盛んなときに、あえて小説重視の方針で出発した。まもなく評論が敬遠され始めると、時流に逆らい長編評論や文芸史研究の連載に力を注ぎ、本多秋五(しゅうご)『「白樺(しらかば)」派の文学』、伊藤整(せい)『日本文壇史』、中村光夫『二葉亭四迷伝(ふたばていしめいでん)』、広津和郎(かずお)『年月のあしおと』、尾崎一雄『あの日この日』などの作品を掲載した。小説では大岡昇平『武蔵野夫人(むさしのふじん)』、三島由紀夫『禁色(きんじき)』、武田泰淳(たいじゅん)『風媒花(ふうばいか)』、椎名麟三(しいなりんぞう)『邂逅(かいこう)』、野間宏(ひろし)『わが塔はそこに立つ』、安部公房(こうぼう)『他人の顔』、大江健三郎『万延(まんえん)元年のフットボール』など、第二次世界大戦後に登場した作家の力作掲載に熱心であった。
 1950年代後半になって小説に娯楽性が求められるようになると、純文学擁護の姿勢を鮮明にした。それに伴い、思想性や話題性に乏しく批評家に不評であった「第三の新人」の文学に芸術性を認め、安岡章太郎『海辺(かいへん)の光景』、庄野潤三『静物』、吉行淳之介(じゅんのすけ)『闇のなかの祝祭』、小島信夫『抱擁家族』、阿川弘之『舷燈(げんとう)』など、その長編小説の発表舞台を積極的に提供した。戦前の作家に対しては、丹羽文雄(にわふみお)『哭壁(こくへき)』、井伏鱒二(いぶせますじ)『漂民宇三郎』、中野重治(しげはる)『むらぎも』などの長編掲載に意欲的であった。
 長編小説は連載、詩は数編を掲載という従来の発表形式を破り、長編小説の一挙掲載、高見順の詩集『死の淵(ふち)より』を全編掲載し、『異邦人』論争、純文学論争などの論争を積極的に取り上げた。作品評は具体的批評を重んじ、3人の評者により粗筋の紹介から入る座談会形式の創作合評を行い、連載は今日も続けられている。1958年(昭和33)に設けた新人賞は、小説と評論の両部門を募集し、大庭みな子、李恢成(りかいせい)、林京子、村上龍、村上春樹、秋山駿(しゅん)、柄谷行人(からたにこうじん)など多くの作家・評論家を世に送りだした。[大久保房男]
『大久保房男著『文士と文壇』(1970・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

群像の関連キーワード現代講談社しがらみ草紙文芸月刊誌月刊現代g2ピモピモ少年俱楽部文芸雑誌

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群像の関連情報