コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹箆 しっぺい

2件 の用語解説(竹箆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹箆
しっぺい

禅宗で坐禅のときに参禅者の指導に使用する竹製の道具。これで打ち戒め悟らせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹箆
しっぺい

禅宗で師家(しけ)(禅の指導者)が修行者を指導するために用いる仏具。長さは60センチメートル~1メートル、幅は3センチメートルくらいで、割り竹を弓の形に曲げ、籐(とう)を巻き、漆を塗ってつくる。弓を切ってつくることもある。古く中国の唐(とう)・宋(そう)時代の禅僧が使用したことが知られるが、現在では、修行者のなかの第一座(首座(しゅそ))が、住持の命によって禅問答を取り交わす法戦式(ほっせんしき)に用いられる。[永井政之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹箆の関連キーワード使用イメージ江湖会参禅禅法早参法術補助席座禅衾坐禅用心記両性堆積性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone