コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坐禅 ざぜん

2件 の用語解説(坐禅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坐禅
ざぜん

すわって静かに思いを凝らすこと。禅はパーリ語 jhānaの音写で,瞑想することをいう。結跏趺坐 (けっかふざ) して精神を集中し,理想的には思慮分別することがやみ,無念無想となることを目指す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坐禅
ざぜん

(すわ)って禅を修行すること。すなわち、坐して心を統一して寂静(じゃくじょう)の境地となり、仏法を得ること。坐禅の語は漢訳された仏典にみられるが、その原語に一定したものはない。漢訳された箇所の原語をみると、たとえばパーリ語の場合、ニサッジャーnisajj(坐あるいは着坐の意)であったり、パティサッリーヤティpaisallyati(黙坐する、独坐する)であったり、あるいはビベーカviveka(遠離)であったりする。前の二つは坐禅の訳語として相当するが、ビベーカはビビツチャティvivicchati(離れる、遠く離れる)の名詞形で、坐禅の訳語としては十分ではない。ただ、それは世俗的雑事を離れ独居し、ひとり樹下や洞窟(どうくつ)や墓場などにおいてひたすら禅定(ぜんじょう)を修行することを意味するから、語意というより修行の状態、心の状態をさして坐禅と訳したものであろう。ヨーガを行うことを坐禅と漢訳した例もある。鳩摩羅什(くまらじゅう)は仏教外のヨーガを坐禅と訳している。仏教内でも南方仏教では坐禅をする人をヨーガーバチャラ(瑜伽行者(ゆがぎょうじゃ))とよぶ。坐禅のみが禅の形態ではなく、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)の四威儀(しいぎ)がみな禅の形態としてみられる。したがって行禅、住禅、坐禅、臥禅(がぜん)などが考えられる。原始経典の一つ『テーラ・ガータ』(高僧の告白詩)には釈尊は四威儀すべてに禅を修行していると述べる。横臥(おうが)した状態とは涅槃(ねはん)に入ったときをいうから、禅に入ったまま釈尊は亡くなったことになる。この四威儀にわたって禅だという考えは、中国の禅宗に継承され、永嘉玄覚(ようかげんかく)は『証道歌(しょうどうか)』のなかで「歩くも禅、坐るも禅、語るも黙するも動くも止まるも、からだはつねに安らか」と述べた。ただその四威儀のうち坐禅が代表的禅の修行とされて、古代インドではバラモンもジャイナ教徒も仏教徒も実修した。坐禅は大乗仏教において不可思議なものと考えられ、『大宝積経(だいほうしゃくきょう)』巻86には四不可思議の一つ、『大智度論(だいちどろん)』巻30には五不可思議の一つにおのおの数えられている。坐禅は一種の神通力をもつ修行法と考えられた。[田上太秀]

坐禅の形

インド出土の仏像でみる限り、左足が右ももの上に置かれ、その左足を押さえるようにして右足を重ねて組む形が一般である。この足の組み方をして、手はいろいろの表現をしているが、禅定に入っているときの手印は、左手のひらの上に右手のひらを重ねる形である。要点をいえば、手も足もいずれも右で左を圧している形である。足の組み方に、左足を右ももの下に置き、その左足の上に右足を重ねる形もある。これは、前の形を結跏趺坐(けっかふざ)というのに対し、半跏趺坐という。半跏の場合も右が左を圧する。この形が中国禅宗では、左が右を圧するというまったく逆の形で伝えられ、坐禅の形の本流となり、わが国に伝えられた。坐禅の種類がいくつかあったことが、5世紀ごろできた『ヨーガスートラ』やその註釈(ちゅうしゃく)書に述べられている。また密教では修法の種類や本尊の相違によっていろいろの坐法があった。
 坐禅のなかでは結跏趺坐がもっとも優れており、仏像はほとんどがこの坐相をしている。『大智度論』巻7には、結跏趺坐は禅の坐であり、悟りを得るための坐でもあり、悪魔はこの坐相の絵を見ただけで恐れると述べている。『無畏三蔵禅要(むいさんぞうぜんよう)』には、半跏趺坐は初学者の坐法であるのに対し、結跏趺坐はもっとも優れた坐法だという。[田上太秀]

日本における坐禅

中国で成立した禅仏教を受容し、独自の展開を遂げたのが、日本の禅宗である。
 中国後漢(ごかん)の安世高(あんせいこう)訳『安般守意経(あんぱんしゅいぎょう)』で、すでに坐禅が説かれている。鳩摩羅什訳『坐禅三昧(ざんまい)経』など、その後の禅経の訳出と研究を経て、坐禅の意義が一般に広く認められていく。各地に「禅衆」とよばれる修禅者の系譜が現れ、6世紀中葉には、南インドから中国に渡来した菩提達磨(ぼだいだるま)の禅宗が成立する。彼は嵩山(すうざん)少林寺で壁に向かって坐禅をし、「面壁九年」の伝説をつくり、「壁観婆羅門(へきかんばらもん)」とよばれた。9世紀に宗密(しゅうみつ)は、禅を外道(げどう)禅、凡夫(ぼんぶ)禅、小乗禅、大乗禅、最上乗禅の5種に分類し、達磨の禅を、如来(にょらい)禅、祖師(そし)禅と称し最高位に置いた。坐禅の作法や用心については、6世紀末の智(ちぎ)が説いた『摩訶止観(まかしかん)』『天台小止観』に詳しい。そこでは、坐禅には、具五縁(持戒清浄(じかいしょうじょう)・衣食(えじき)具足・閑居静処(げんごじょうしょ)・息諸縁務・得善知識)、呵(か)五欲(色(しき)欲・声(しょう)欲・香(こう)欲・味(み)欲・触(そく)欲を除く)、棄五蓋(きごがい)(貪欲(どんよく)蓋・瞋恚(しんに)蓋・昏眠(こんみん)蓋・悼悔(じょうげ)蓋・疑蓋を棄(す)てる)、調五事(飲食(おんじき)・睡眠・身・息・心を調える)、行五法(欲・精進(しょうじん)・念・巧慧(ぎょうえ)・一心を行ずる)の、25種の方便行(ほうべんぎょう)を修めることを説いている。ことに調五事の、調身・調息・調心の説は、後世の坐禅儀に大きな影響を与えた。
 日本の禅宗は中国禅宗の継承で、鎌倉時代に始まる。臨済(りんざい)宗と曹洞(そうとう)宗がある。臨済宗は、最初、栄西(えいさい)が伝え、五山派の禅が盛んとなるが、後には南浦紹明(なんぽじょうみょう)、宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)、関山慧玄(かんざんえげん)らの禅が発展し、江戸時代に白隠(はくいん)が大成させた。曹洞宗は、天童如浄(てんどうにょじょう)に学んだ道元が伝え、孤雲懐奘(こうんえじょう)、瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)らの弟子が教団の基礎を固めた。坐禅の仕方を決め正式に実修した人は、日本では道元が最初という。両宗の禅風は異なり、臨済は看話(かんな)禅、曹洞は黙照(もくしょう)禅という。看話とは、坐禅をし無字の公案などをあれこれと参究すること、黙照とは、現成している実相をあるがままに諦観(ていかん)することである。看話は見性や悟りを目的とし、黙照は無所得無所悟(むしょとくむしょご)の坐禅を説く。坐法も、曹洞は面壁、臨済は対坐と、異なる。調身・調息・調心は両宗いずれも同じである。足は趺坐(ふざ)に組み、手は定印(じょういん)を結ぶ。背筋を伸ばし顎(あご)を引き、ゆったり端坐する。呼吸は腹式で臍下丹田(せいかたんでん)で転ずる。心は解き放ち、浮かんでくる想念を追いかけないようにする。臨済禅では公案を追尋する。坐禅中に睡魔に襲われたら警策(きょうさく)で打ってもらう。長時間に及ぶときは、途中に経行(きんひん)(一定の所を静かに歩くこと)を入れ、立って一呼吸に半趺ずつ交互に歩を進める。夏は涼しく、冬は温かくし、静かな場所で行う。暁天夜坐というように、時間は朝と夜が適するが、もちろん適宜でよい。一般人の参禅については、駒沢(こまざわ)大学の日曜講座や神奈川県鶴見(つるみ)の総持寺の参禅会では曹洞禅、鎌倉の円覚寺(えんがくじ)の参禅会では臨済禅の指導が受けられる。[池田魯參]
『増永霊鳳著『東洋思想叢書16 禅定思想史』(1943・日本評論社) ▽田上太秀著『東書選書51 禅の思想』(1980・東京書籍) ▽山折哲雄著『坐の文化論』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坐禅の関連キーワード観想息を凝らす思いを晴らす数寄を凝らす静思瞳を凝らす瞑目目を凝らす思いを凝らす装いを凝らす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坐禅の関連情報