コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首座 シュザ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ざ【首座】

いちばん上位の席。首席。
最上位の席に着く資格のある人。
しゅそ(首座)

しゅ‐そ【首座】

《「そ(座)」は唐音禅宗の寺で、修行僧のうち第一の位の者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅざ【首座】

一番上位の席。また、その席に座る資格のある人。 「老中-」
〘仏〙 「 しゅそ(首座) 」に同じ。

しゅそ【首座】

〔「そ」は唐音〕
〘仏〙 禅寺で、修行僧の中で第一席にある人。住持の次席。しゅざ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

首座の関連キーワードステファン ヴィシニスキチホミーロフ セルギーヨハネ[ネポムク]ユゼフ グレンプ山田宇右衛門トレド大聖堂山岡八十郎大久保忠真徳川家慶只山宗友為霖道霈浅野長政霊江周徹用健周乾関戸信房天保改革蘭山正隆耕隠智訓花月草紙葦航道然

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首座の関連情報