竿竹(読み)サオダケ

  • ×竿竹
  • さおだけ さを‥
  • さおだけ〔さを〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 竿にした竹。物干しざおなどにする竹。さお。
※中華若木詩抄(1520頃)中「竿だけに、吹く風の音が、人の嘯くやうなぞ」
② 言葉に拍子をつけるために添えていう語。
※洒落本・短華蘂葉(1786)「ほんにけたいくそのさほ竹ぢゃ」
③ 男根の異称。
※浄瑠璃・蝶花形名歌島台(1793)二「鎧も兜もいらばこそ、さをさをさをさを竿竹ぢゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android