コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竿 カン

デジタル大辞泉の解説

かん【×竿】

[接尾]助数詞。さおの数をかぞえるのに用いる。「一竿旗竿(はたざお)」

かん【竿】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]さお
〈カン〉竹の幹でこしらえた細長い棒。さお。「竿灯竿頭竹竿(ちっかん)灯竿
〈さお(ざお)〉「竿竹竿秤(さおばかり)竹竿旗竿

さお〔さを〕【×竿/×棹】

[名]
枝・葉を取り払った竹や木の細長い棒。物干し竿釣り竿旗竿など。合成樹脂・金属製もある。
水底に突っぱって舟を進ませる長い棒。水棹(みさお)。「流れに―をさす」
竿秤(さおばかり)の棒の部分。
測量や建築に使う間竿(けんざお)
三味線胡弓などの胴から上の、糸を張る長い柄の部分。また、三味線のこと。「―が入る」「太―」
箪笥(たんす)長持などを担ぐ棒。
石灯籠(いしどうろう)などの柱の部分。
雁(がん)が1列になって飛んでいる状態。「―になれ、鉤(かぎ)になれ」
俗に陰茎のこと。
[接尾]助数詞。
旗を数えるのに用いる。「幟(のぼり)三―」
箪笥・長持などを数えるのに用いる。「箪笥三―」
羊羹(ようかん)などの棹物菓子を数えるのに用いる。「練り羊羹―」
竿に干した洗濯物を数えるのに用いる。「洗濯物二―」
江戸時代、金座で、竿金(さおがね)を数えるのに用いる。
[下接語]鳴る竿水(み)竿(ざお)衣紋(えもん)竿掛け竿殻(から)竿間(けん)竿刺(さ)い捕り竿竹竿中(ちゅう)棹継ぎ竿釣り竿釣瓶(つるべ)竿手棹鳥竿鳥刺し竿延べ竿幟(のぼり)竿秤(はかり)竿歯竿旗竿太棹干し竿細棹黐(もち)竿物干し竿雪竿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【竿】

( 接尾 )
助数詞。さおの数を数えるのに用いる。 「一-を携える」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

竿の関連キーワード掛け字掛け・掛字掛け掛け物掛け・掛物掛け猿頬天井・猿頰天井物干し竿・物干竿差し竿・刺し竿刺い捕り竿鉤竿・鈎竿香稲庵竿秋振出し竿猿頰天井水馴れ竿竿縁天井上総和竿郡上竿差し竿投げ竿竿打ち竿入れ助数詞竿奉行

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竿の関連情報