コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笋羹/笋干/筍干 シュンカン

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐かん【××羹/×笋干/×筍干】

普茶料理の一。季節の野菜などを盛り込んだ煮物料理。
鹿児島県の郷土料理。筍(たけのこ)・塩豚(古くはイノシシ)・野菜を合わせて煮る春の祝い料理。
食器の一。飯茶碗より大きく、ふつう羹(あつもの)を入れるのに用いる。ふたは木製の塗り物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しゅんかん【笋羹】

普茶(ふちゃ)料理で、季節の野菜の炊き合わせ。◇「笋」は竹の子の意で、元来は竹の子のあつもの)をいった。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

笋羹/笋干/筍干の関連キーワードしゅんかん黄檗料理たけのこ鹿児島県イノシシ飯茶碗塩豚普茶

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android